福岡県糟屋郡粕屋町 | 株式会社新日本テクノサービス

株式会社新日本テクノサービス

0929571780

メンテナンス | 新日本テクノサービス

太陽光発電メンテナンス

ご存知ですか?太陽光はメンテナンスが必要です

キチンとメンテナンスをしないとこのような事が
  • パネルの一部分が発電していないパネルの一部分が
    発電していない
  • 鳥の糞や汚れなどが付着している鳥の糞や汚れなどが
    付着している
  • 取り付け箇所の緩みが出てくる取り付け箇所の
    緩みが出てくる
  • 落雷による機器の破損落雷による機器の
    破損
  • 配線などの破損による漏電配線などの破損に
    よる漏電
  • 年数経過による発電効率の低下など年数経過による発電
    効率の低下など

当てはまる項目はありますか?

一般的な保証期間10年を過ぎて故障が起きたら、
メーカーのパネル無償修理・交換は受けられません。
保障期間内にメンテナンスを行い、
小さな問題や不具合を見つけ早めに修理・交換しませんか?

※保証期間内であっても故障原因によっては保証適用外になることもあります。

新日本テクノサービスでは豊富な施工実績・経験からお手ごろな価格でメンテナンスさせて頂きます

お客様のニーズに合わせた、快適な暮らしのお手伝いいたします。

オール電化メンテナンス

おまかせ下さい!長く使う為にもオール電化は定期点検が重要です

エコキュートはご自身でもお手入れが可能です。

日常のお手入れ
1. ふろ循環アダプターの掃除

浴そうのふろ循環アダプターが汚れていると、湯はりなどのふろ機能が正常に動作しなかったり、 汚れが浴そう内に流れ出したりすることがあります。 こまめに掃除してください。

2. リモコンの掃除

リモコンの表面が汚れたときは、乾いた布や水に濡らした布を固く絞ってふいてください。 汚れが落ちにくい場合は、「台所中性洗剤」を薄めて使い、ぬるま湯を含ませた布で拭き取ってください。

月に一度のお手入れと点検
1. 時刻の確認

月に一度は時刻を確認し、正確な現在時刻に合わせてください。リモコンの時刻が合っていないと、 電気料金が割高になる場合があります。

2. 漏電遮断器の点検

漏電したとき自動的に電気を切るための安全装置です。正常に作動するか点検してください。

日常のお手入れ

年に2~3度のお手入れと点検
1. 逃し弁の点検

逃し弁は、沸き上げ時にタンク内の膨張水を排出し、タンク内が高圧になるのを防ぎます。 逃し弁のレバーを上げ(開)、タンク排水管からお湯(水)が出ることを確認してください。

2. 貯湯ユニットの掃除

使用中、タンク底部に湯アカなどの沈殿物がたまります。 タンクの湯を排水することにより、タンク内の沈殿物を除去します。

3. 配管の点検

貯湯ユニット周囲が漏れていないか、保温材が傷んでいないか点検してください。 特に集合住宅(マンション)では、水が漏れると階下に被害を与えます。 ドレンホースから、水が出ていないことを確認してください。

風呂追い炊き配管の洗浄

普段は配管の汚れを防ぐために「自動洗浄」を設定しておくことをおすすめします。 半年に1回程度、市販の洗浄剤を使用して、ふろ追いだき配管の「循環洗浄」を行ってください。

年に2~3度のお手入れと点検

詳しいお手入れや点検の方法は、各メーカー様によって違いますので、お使いの機種の取扱説明書をご覧ください。

点検に加えて電圧点検も行います

点検に加えて電圧点検も行います

オール電化点検

¥8,000~

※地域によって値段が変わりますので、まずはお問い合わせください。
※福岡市近郊の価格です。地域によっては出張料を頂戴する場合がございます。

オール電化をお買い替え検討の方はお得な買い替えキャンペーン実施中です

オール電化をお買い替え検討の方はお得な買い替えキャンペーン実施中です

値段は
お問い合わせ下さい

お客様のニーズに合わせた、快適な暮らしのお手伝いいたします。

その他のトラブル対応

お気軽に様々なトラブル!小さなことでもおまかせ下さい

どこに頼んでいいのか分からない?そんな工事でもおまかせ下さい

お客様のニーズに合わせた、快適な暮らしのお手伝いいたします。

株式会社 新日本テクノサービス

092-957-1780

〒811-2308 福岡県糟屋郡粕屋町内橋339

メールでのお問い合わせ

メールフォームはこちら

新日本テクノサービス


Warning: Use of undefined constant work - assumed 'work' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/tcns0303/s-tcns.jp/public_html/wp/wp-content/themes/tcns/footer.php on line 181